単純承認・限定承認・相続放棄の違い

被相続人が亡くなった時に、法定相続人は相続をする権利が発生するものである。その際に相続する財産があるならば誰しも迷いなく遺産を相続するものだが、中には被相続人が借金を残したまま亡くなるという場合もある。その場合には何も考えずに相続をしてしまうとマイナスの財産まで相続する事になるので注意が必要である。
相続の方法には3通りあり、それぞれ大きな違いがあるので相続に際して事前に調べておく必要がある。
1つ目は単純承認である。これはプラスの財産は勿論相続するが、マイナスの財産も同時に相続する事を言うようだ。相続の発生を知った日から3か月以内に特に届けを出さなければ単純承認をしたものとみなされる事になっている。
2つ目は限定承認である。これはプラスの財産とマイナスの財産を相殺した場合の財産の状況が不明である時に、マイナスとなる時にはその分の債務の支払いをしないという方法である。その手続きとは、3か月以内に家庭裁判所に限定承認の申し立てをしなければ単純承認をしたものとみなされるので注意が必要である。その場合には法定相続人全員の同意が必要になり、1人でも反対する相続人がいる場合には限定承認は認められない事になるのである。
3つ目は相続放棄である。この場合は債務が多額である場合や、法定相続人の内の1人に相続をさせる意図がある時に、他の相続人は相続放棄をする事があるようだ。その場合の手続きは限定承認と同様となっている他、手続きをしない場合は単純承認をしたとみなされる事になる。相続を放棄する時には相続放棄申述書を提出する必要があるが、その際にその人の戸籍謄本や被相続人の戸籍謄本と除籍の住民票が必要になるのである。
相続を放棄しても被相続人の死亡保険金や死亡退職金を貰う事は可能であるが、法定相続人から外れる事から合計で1,000万円の控除を受ける事が出来ない為、全額課税対象となるので注意をする必要がある。
>>>不動産の相続について