不動産の代償分割

相続財産を分割する方法にはいくつかあります。相続財産そのものを分割できれば問題はありません。財産が現金のみと言うような場合には、こうすることによって問題なく分割することができるでしょう。あるいは、換金できるものであれば、一旦換金してから分割するという方法をとることもできるでしょう。

 

しかし、不動産の場合には、そのまま分割すると価値を失うこともありますし、換金すると資産価値が減少することもあります。例えば、収益を生み出しているマンションを保有している場合、売却をすれば色々な手数料がかかることによって資産価値が減ります。かといって共同名義にすれば将来のトラブルにつながる可能性があることは容易に想像ができます。このような場合に代償分割という方法が用いられる事があります。

 

代償分割とは、その財産を一人の相続人が受け取り、そしてその代わりに現金などの財産をほかの相続人に渡すという方法を指します。例えば、相続人が2人いて、1億円のマンションが相続財産としてある場合、相続人1人がこのマンションを受け取って、そしてもう一人に対して5,000万円を渡すという形で分割をすれば、両方が納得できるでしょう。このように、一人が財産を受け継ぎ、そしてその代償としてほかの財産を渡すことを代償分割と呼びます。

 

空位しておかなければならないのは、単なる贈与と見なされる可能性があることです。代償として渡した財産が贈与として認められてしまうと、それに対して贈与税が課せられることになりますから注意が必要です。遺産分割協議を行い、そして分割協議書を作成して、その中に記載しておくことが必要です。そうしないと、どのような経緯で財産が渡されたのかが分からなくなりますから、証拠がないままこのような事を認めると租税回避の方法となりかねません。遺産分割協議を行い、そして分割協議書にこの事をきちんと書いておくことが必要となってくるのです。

 

>>>不動産の相続について