不動産の換価分割

相続財産としての不動産がある場合、これをどうやって分割するのかが問題となります。土地ごと分割すると言うことが可能であれば良いのですが、建物がある場合には難しいでしょう。共同で所有するという形をとることができたとしても、将来的に売却しなければならない状態になってトラブルになることもないとは言えないでしょう。ですから、不動産そのものを分割するというのは、かなり難しいことだと考えられます。

 

ほかにも色々な相続財産があって、ほかの相続財産を受け取らない代わりに土地や建物などを受け取るというように、うまく分割協議が進めば良いですが、それができない場合には売却して分割するのがスムーズです。一旦お金にすれば簡単に分けることができますから、これがシンプルな方法だと言えるでしょう。このようにして分割する方法を換価分割と呼びます。

 

考え方としては非常にシンプルなのですが、共同名義で行うのは不便だと言えるでしょう。共同名義で売却をしようと思ったときには、全員が揃わないと手続きを行えないこともありますから、非常に不便です。実家の近くに全ての人が住んでいれば良いのですが、そうではない場合にはかなり面倒なことだと言えるでしょう。このような場合には、誰かが代表として売却する事もできます。いったんは相続人の一人が相続登記を行い、そして売却した後に分配するという方法がとられることがあります。こうすることによって手続きを簡単に行う事ができます。

 

一人に対して相続登記を行うときには、そのことを遺産分割協議書に記載することは必要となってきます。一人の相続人だけが不動産を相続したと見なされた場合、その後に現金を分配するときにはそれが贈与と見なされることもあります。贈与として見なされた場合には贈与税が課せられますから注意が必要です。現在のところは、このようにして便宜上の相続登記をしただけであれば、後の後の分配に関しては贈与税が課せられないとなっています。

 

>>>不動産の相続について