相続登記の概要と手続き

登記が必要となる場合として思い浮かべやすいのが、相続の場面です。土地などを持っている人が亡くなった場合、それを引き継ぐ人に登記を移す必要があります。それは想像しやすいのではないでしょうか。そういった相続登記の概要について説明します。

 

まず、土地や建物などの所有権が相続人に移った場合の登記ですが、相続人に所有権を移転する「所有権移転」という登記を行います。元の持ち主が亡くなった日を登記原因の日付として、「相続」という原因で申請をします。申請書のほかに必要な書面としては、人が亡くなったことを証明するための亡くなった人の戸籍謄本と、相続人をはっきりさせるために相続人の戸籍抄本、権利を引き継ぐ人の住民票の写しなどが必要となります。そのほかに、手続きについて代理人に依頼するなら委任状が必要になります。

 

法定相続分以外の分け方もできますが、その場合はその旨が記載された遺言書や、相続人同士の協議の結果を記した遺産分割協議書などが必要となります。遺産分割協議書には印鑑証明書が必要であったりと細かい規定が他にも多くあるので、申請前に専門家のアドバイスを受けると失敗なく手続きを進めることができます。必要書類をそろえ、登録免許税として印紙を添えて登記所に提出することで手続きが終了します。

 

このような所有権の登記のほかにも、抵当権など他の権利があればそれを引き継ぐ登記が必要になってきます。権利の内容によって必要な書面も違いますし、決めなければならない事項が出てきたりすることもあります。

 

基本的に、不動産登記は義務ではありませんから、処分をする予定やトラブルがなければそのままにしておくこともありますが、相続人が登記をしないでそのまま亡くなってしまった場合、改めて相続登記をしようとした場合その相続人の相続人までかかわることになり非常に関係者が多くなり、大変になっていきます。その都度相続登記をしておくことが大切です。

 

>>>不動産の相続について