相続税の主な節税方法

相続税の節税方法として多くの人が用いているのが不動産投資です。不動産投資によってなぜ節税ができるのかというと、財産の評価額を下げることができるあkらです。不動産を取得するためには色々な費用がかかりますが、それらの費用の金額だけの評価額になるわけではありません。かなり低くなりますから、これによって税金の金額を安くできるというメリットがあります。

 

また、アパートやマンションなど、住宅として用いるものに関しては評価がさらに低くなると言うこともあって、これによって節税ができると考えられるのです。そのために不動産投資を行う人も多くいると言えるでしょう。

 

この不動産投資でも、基本的には「先に使う」ということが基本的な考え方です。相続後にアパートやマンションに投資をすれば、相続時には金銭に対して課税されますから、評価を下げることはできないのです。少し時期が違うだけで税金が代わると言うことですから、先に使うメリットは大きいと言えるでしょう。

 

これを考えれば、ほかにも色々な方法を見つけることができるでしょう。例えば、住宅が老朽化していて、いずれは修繕しなければならない場合には、相続前に修繕するのが良いと考えられます。どうせ必要なものは、先に使っておくのが良いのです。こうすることで相続税を節税することができます。

 

生命保険を活用するのも節税方法としてはオーソドックスなものだと言えるでしょう。生命保険に加入をすれば、法定相続人1人当たり500万円分の控除額が設定されます。ですから、例えば3人の法定相続人がいれば、1,500万円分は控除の対象となるのです。保険料があまりにも高ければ節税効果はあまり高くはないと言えるでしょう。その場合であっても、非課税枠を確保できるというメリットは大きいと言えるでしょう。借りに支払った保険料と、受け取る保険金が同じ金額だとしても、非課税枠を確保できる分だけ節税効果があると考えられます。

 

>>>不動産の相続について