遺留分および減殺請求の解説

相続分という言葉はよく聞きますが、 似ている言葉で遺留分という言葉があります。それがどういったものなのか、相続分とどう違うのかなど、わからないということも多いのではないでしょうか。今回はその言葉とそれを実現するための方法についての解説をしていきます。

 

人が亡くなると相続を行うことになりますが、相続は法律で決まっている割合による分け方のほかに、遺言や協議によって任意の分け方ができることになっています。そのため、特定の人にだけ遺産が渡り、まったく貰えない人が出ることもありうるのです。しかし、相続人となるぐらい近い関係の人であれば、最低限の取り分は生活の維持などを考えても必要になることがありますから、その分を「遺留分」として主張できることにしたのです。その割合は多くの場合、もとの相続分の2分の1になります。相続人が親など、直系尊属だけの時には元の相続分の3分の1になります。

 

遺留分は相続人なら誰でも受けられるわけではありません。相続人でも兄弟姉妹にはありません。そのため、兄弟姉妹に相続させたくない場合は遺言で相続させないようにすることが可能になります。それができない他の相続人に対しては、虐待などの重大なことがあった時に相続させないようにする「廃除」という制度があります。この違いは遺留分のあるなしからきているのです。

 

実際に、請求する場合は「減殺請求」といいう手続きを取ることになります。これは裁判所を介してするといったことではなく、直接相手に対して請求すればよいことになっています。過大な相続分を受けた相続人や、遺贈や贈与を受けた人に対して、どういった権利に基づいて何を請求するかを伝えればよいです。書面で送付しておいた方が、証拠に残りやすいのでその後の手続きがスムーズになります。こうしたことも細かいことではありますが、少しでも頭に入れておくと、急な相続などの際にもあわてずに済むことになります。

 

>>>不動産の相続について