代襲相続とは

代襲相続とは、相続をする権利を有する人が相続をする前に亡くなってしまったり、相続する資格を失ったり、相続人から排除された場合にも相続が消滅する事は無く、その人の子供、孫、ひ孫等の直系での順位で相続の権利が移行する事を言います。ただ一つ代襲相続が出来ない場合とは、相続人が相続を放棄した場合です。この場合は初めから相続人では無かったとみなされるので、代襲相続も無いという事になります。

 

ちなみに相続する資格を失った場合には、被相続人が遺言書にその人も相続をさせる旨を書いても、法律上相続の権利を復活させる事は出来ないという事です。資格を失う理由としては故意に相続の優先順位が優位にいる人を死なせたり、死なせようとしたりして罪に問われた場合や、その他相続に関連をして犯罪を行った時等です。

 

そしてもう一つ代襲相続が出来るケースがあるようだ。被相続人が亡くなった時に直系の人が既に亡くなっていて、またその人にも子供が居なかった場合、直系での代襲相続は出来なくなる為、亡くなった人の兄弟姉妹が相続の権利を有する事になりますが、その人達も亡くなっている場合は、その子供までが相続をする事が出来るようになっています。つまりは被相続人の甥や姪までがその対象になっているという事です。

 

またこの制度を適用される被相続人の孫については更に規定があり、被相続人の子供が養子であった場合は少々複雑となるようです。被相続人の養子の子供がいつ生まれたかにより、養子の子供の相続する権利の有無が変わって来るという事です。養子の子供が養子縁組をする前に生まれている場合には、その権利が無いという事だ。そして養子縁組後に子供が生まれた場合はその権利を有する事となっている。平たく言うならば養子の連れ子には相続の権利が無いという事になります。

 

その際に相続出来る金額とは、相続人が元々相続をする権利を有していた時の金額と同額という事になります。このような複雑な相続となる時には専門家に相談すると良いでしょう。

 

>>>不動産の相続について