自筆証書遺言の概要とルール

最近は「終活」として、自分の亡き後のことまで考える方も増えてきています。中でも最も重要なのが財産の帰属をどうするかということになります。仲の良い家族であっても、財産が絡むとトラブルになるケースが多いため、そういったことを防ぐために遺言を残そうと考える方も出てきています。

 

遺言には様々な種類がありますが、最も手軽ですぐにでも作れるのが自筆証書遺言です。概要をまとめると、他の遺言については、公証人や証人など他の人の協力が必要ですが、自筆証書遺言なら自分一人で書いて残しておくことができます。効力は他の遺言と変わりません。手軽で自分一人で作成できる点でメリットが大きいですが、一定のルールを守らないと遺言が無効になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

まず、自筆証書遺言の名の通り、自分自身が筆記しなくてはなりません。パソコンやプリンターが普及し、多くの書面がパソコンで作成される時代ですが、遺言の場合は手書きで残さなくてはならないということに注意しましょう。その筆跡から本人のものであるという証明になることもあるので、自筆であることが求められるのです。本文をパソコンで作成し、署名は自筆という形でも無効になってしまいますので避けましょう。

 

また、遺言には日付が必要です。場合によっては何通も遺言が出てくることがあり、その場合は一番新しい日付のものを有効とすることになっています。そのため、日付も欠かせません。日付のないものは無効になる恐れがあります。年配の方にありがちなミスとして、「何年何月吉日」という形の記載があります。これでは日付が特定できないので無効になってしまいます。何日、というところまで特定できるように記載しておくようにします。

 

また、内容については誰かに譲り渡す財産があるなら、それを特定できる形で記載することも大切です。

 

他には、遺言書を封筒に入れて封をした場合、相続人などが勝手に開けてはいけないという決まりもあります。裁判所で検認手続きを受ける必要があるので、封をされた遺言書が出てきた場合は注意しましょう。

 

>>>不動産の相続について